「必要なリスクに備えた火災保険を契約しておきたい」
「火災保険で損をせず、有効活用できる方法を知りたい」と考えている不動産投資家の方へ

知識の有無だけで数十万、数百万円の差が出る火災保険 不動産投資家なら誰もが契約をしている火災保険を有効活用して、所有物件の資産価値を高める!

不動産投資家向け火災保険活用実践セミナー

東京・大阪で開催!

SCROLL

9割の不動産投資家が見過ごしている!
保険の有効活用法を知っているだけで
数十万、数百万円の差が出る

ただ入っているだけではなく、有効活用するのが賢明な投資家です

不動産投資で物件を所有している投資家であれば、火災保険の契約は必須でしょう。
万が一所有物件でトラブルが起きたときのためのリスク回避のために契約しますし、融資を受けるばあい、金融機関から加入を必須条件とされるからです。

物件を多く所有する不動産投資家であれば、物件毎に火災保険を契約していることでしょう。

でもその火災保険をこれまで使ったことはありますか?

「物件を長期間所有しているけど、一度もトラブルが起きたことがない」
「何度かトラブルがあったけど、自分で修理をしてしまった」
という方もおられるのではないでしょうか?

このような方は、もしかしたら火災保険を有効活用出来ていないかもしれません。
保険は入っているだけではなく、「有効活用して」こそ賢明です。
投資家であればなおさらそのように言えます。

意外に物件のトラブルに対応できる火災保険

「火災保険」という名称から、「火事が起きたときに保険金が下りるもの」と思われがちです。
確かに火事でも保険金は下りますが、その他にも物件のトラブルに対応できる場合があります。

その他にも、「風災・落雷・破裂・爆発・雪災・雹災」といった自然災害や、「水濡れ・物体の飛来」といった日常生活で起こりうる物件のトラブルにも対応できる場合があります。

※以下はあくまでも例です。支払われる保険金の額などを保証するものはありません。

事例1:落雷により、所有物件の配電盤が壊れた

  • 落雷の後、所有アパート全体が停電。
    その後、付近の建物電気が復旧しても電気が付かなかったため、業者に見てもらった。

    所有アパート
  • 配電盤が割れていますね。
    おそらく落雷の影響で、基盤が壊れましたね。
    基板交換が必要です。大体40万円ぐらいかかります。

    業者
  • 確か火災保険で落雷の補償があったな。
    保険会社に問い合わせてみよう!

結果:40万円の修理代が保険で補償された

事例2:飛び石によって、アパートエントランスのガラスが割れた

  • 朝住民がみたら、エントランスのガラスがひび割れていた。
    すぐに原因はわからないけど、修理は必要。

    所有アパート
  • これは多分小石か何かが当たって割れたな。
    道路が近いから、車が原因の飛び石じゃないかな。
    修理は出来ないから、交換で3万円ぐらいかかるよ。

    業者
  • 原因ははっきりとわからないけど、飛び石の可能性は高そうだ。
    「物体の飛来」に該当するかわからないけど、保険会社に確認してみるか。

結果:保険金請求をして自己負担無しで修理が出来た

事故があったときに、「保険が使えるかも」という知識があることでスピーディーに対応できることがあります。
修理をすばやく行うことで、物件の被害を最小限に抑えることができますし、入居者への危険に対しても対処することが出来ます。

このように、スピードを持って対応することでリスクが減らすことができます。
そして、契約している保険を有効活用してこそ賢明な投資家とも言えます。

この2つの事例では、事故が起きたために保険を使う事ができましたが、実は物件の価値を上げるためにも活用できる場合があります。
受動的に使うのではなく、能動的に活用する方法もセミナーではお知らせ致します。

会社ごとの補償の違いはほぼなし
火災保険は違いが出しにくい商品

火災保険は損害保険で違いが出しにくい商品

保険会社も儲けがなければ会社が成り立ちませんので、保険商品は儲かるように設計・パッケージングされています。

火災保険の保険料は「地域」や「物件の構造」によって決まりますが、どの保険会社も損害保険料率機構というところがパラメーターを出しているので、会社ごとに算出の差がありません。

あとは、会社毎によってどの程度利益を出すか、人件費やその他のサービスなどで料金を決めることになります。

「どこの保険会社から火災保険に入っても、補償の差はほとんどない」ということになります。

補償に大差が無いからこそ代理店の役割は重要!

投資家が火災保険の
すべての知識を覚えることは困難

火災保険は「火災」だけではなく、自然災害や日常生活上のトラブルにも対応ができる場合があることを解説しました。
このことを知っているか知っていないかで、数十万円、場合によっては数百万円の差が出ることがあります。

不動産投資家であれば、火災保険の基礎的な知識は大事ですが、では火災保険に精通して、すべての知識を覚えておかないといけないのでしょうか。
おそらく、火災保険の適用範囲などすべてを覚えることは難しいと思います。

なぜかと言えば、火災保険は契約プランによって補償の範囲が変わってきたり、いつ保険に入ったか(始期)によって補償されるものや金額が違ってきたりするからです。

複数の物件を所有するからこそ
代理店の役割が重要

また、不動産投資家であれば複数の物件を所有していることは珍しくなく、物件ごとに立地や構造などが変わるため、その物件それぞれにあった契約が必要です。
つまり最適な火災保険契約というのは異なります。

そこで大事になってくるのが保険の専門家である代理店の存在です。
物件それぞれに適した契約を結ぶためにも大事な役割を果たします。

通常代理店といえば商品知識が有り、その人にあった保険を提案してくれます。
しかし火災保険についていえば代理店は商品知識が少ないことが多いです。
理由はほとんどの代理店は、兼業で行っており、火災保険を本業にしていることが少ないからです。

良い代理店と悪い代理店の差は事故が起きたときに、対応の差として現れます。

例)知識のないダメな代理店の対応

  • 台風の強風で建物のガラスが割れてしまったけど、保険で対応できるのかな。
    代理店に聞いてみるか…

    不動産投資家
  • それは大変ですね。
    保険で対応できるかはちょっとわかりませんね。
    保険会社に直接連絡してもらえませんか?

    代理店
  • こちらから連絡しないといけないし、代理店は結局何もしてくれないのか…。

何も動いてくれない

例)知識があり良い代理店の対応

  • 台風が来たので、建物に損害がないか見てきます。何かあったら連絡します。

  • 代理店
  • ありがとう。
    ではお願いします。

    不動産投資家
  • アパート3階の窓ガラスが強風で割れていました。
    写真撮影済みです。「風災」の可能性があるので保険会社に電話しましょうか?

    代理店
  • 保険で対応出来たらありがたいね。
    ぜひお願いします。

    不動産投資家

代理店が積極的に動いてくれて、判断するだけに

実際に現場に足を運んでくれないとしても、「何か事故がなかったか」を常日頃から確認をしてくれたりするのが良い代理店となります。

このように代理店がしっかり動いてくれれば、心強いですし、周りにチームが出来ているようなものです。
優秀な代理店を有効に活用していくことこそ、不動産投資家には必要になります。

良い代理店と保険の契約を結ぶことができれば、不動産投資家として「物事の決断・判断をするだけ」になります。

火災保険を知りチームとして代理店を活用するには

とは言うものの、なかなか良い代理店にめぐりあうことなんて出来ないと思われる方もいらっしゃることでしょう。

特にチームとして動いてくれるとなると、保険のプロの立場と、不動産投資家としての立場の両方を経験し、苦労を知っていないとわからないからです。

不動産投資家からの立場、火災保険のプロ両方の立場から色々経験をしてきた、私がセミナーでそのコツを教えます。

  1. ・9割の火災保険代理店も知らない、火災保険の有効活用方法
  2. ・優秀な火災保険代理店の見分け方(知識のない代理店に教えるのは非効率)
  3. ・代理店を自身の不動産の資産価値を高める「チームの一員」として有効活用する方法

をセミナーでは解説します。

セミナー参加者の声を
一部ご紹介します

「もっといい保険のかけ方がありそうだと感じました」

アンケート

どんなことで悩んでいたか?

どうやったらもっと保険を能動的に活用できるか、知りたかった。
最適な保険選びを、効率的に行えるようになりたかった。

セミナーに参加したきっかけ・
決め手は?

火災保険に特化したセミナーは初めてだったので。

セミナーの感想は?

今入っている保険も気に入っているが、もっといいかけ方、いい代理店がありそうだと思いました。


「地震保険についても学べて良かったです」

アンケート

どんなことで悩んでいたか?

火災保険の有効活用の仕方が具体的に分からなかったので。

セミナーに参加したきっかけ・
決め手は?

不動産投資についてネットで調べていていたら、広告を見かけたので。

セミナーの感想は?

火災保険のことだけでなく、地震保険についても学べてとても良かったです。


「火災保険に対する考え方が変わりました」

アンケート

どんなことで悩んでいたか?

保険の勉強ができるセミナーが、不動産事業では無かったので興味があった。

セミナーに参加したきっかけ・
決め手は?

楽待のHP知り、すぐに申し込みました。

セミナーの感想は?

建物の全壊・半壊をした時しか使えないと思っていたので、考えが変わりました。

火災保険の切り替えで
建物の無料診断を実施

セミナーに参加いただき、弊社経由で火災保険を切り替え頂いた方に、無料で物件の建物診断を実施します!

診断の結果、建物に損害がなければ安心ですし、損害があれば診断に基づいて保険金申請までのサポートを行います。

これまで、建物の診断を行った結果、損害が判明し火災保険や地震保険で保険金申請を行ったところ数百万円の保険金が下りたことが多数ありますし、場合によっては1000万円以上、3000万円程度支払われたというケースもあります。
ごく一部ですが、事例を掲載致します。

※以下にご紹介するのはあくまでも過去の事例であり、特定の認定額を保証するものではありません。支払われる保険金の額は、契約の内容、損害の程度や内容、診断の結果など、個々のケースによって大きく変わってきますのでご注意ください

ケース1:千葉県のアパート
火災保険認定額3,071,353円

建物の診断を行ったところ、雪、風によって、雨樋、屋根瓦、フェンスの被害が判明。写真から、フェンスや雨樋が曲がったりゆがんでいることがわかります。また、屋根に上ってみると、屋根のネジが外れたり被害がありました。

千葉県のアパートの雨樋、屋根、フェンスの損害

火災保険で保険金申請を行ったところ認定され、保険金3,071,353円が支払われました。

保険金認定書類

保険金支払通知のハガキ

     

ケース2:長崎県のアパート
火災保険認定額1,474,092円

建物の診断を行ったところ、雪による雨樋の被害が判明。

長崎県のアパートの雨樋の損害

火災保険で保険金申請を行ったところ認定され、保険金1,474,092円が支払われました。

保険金認定書類

保険金支払通知のハガキ

            

ケース3:埼玉県のアパート
地震保険半損認定額9,225,000円

建物の診断を行ったところ、建物の基礎、外壁がひび割れ、室内のクロスのよれ、窓枠の歪み被害が判明。

埼玉県のアパートの外壁、室内のクロスのよれ、窓枠の歪みの損害

各居室内のすべての室内破損箇所を調べ、地震保険で保険金申請を行ったところ、半壊の認定となり保険金9,225,000円が支払われました。

保険金認定書類

保険金支払通知のハガキ

            

ケース4:東京都23区内のアパート
再申請の結果
地震保険一部損認定額5,125,000円

一度、地震保険で否決された建物を再鑑定。

東京都のアパートの基礎、外壁のひび割れ損害

基礎外壁の損害を調べ、地震保険で保険金申請を行ったところ、一部損の認定となり保険金5,125,000円が支払われました。

保険金認定書類

保険金支払通知のハガキ

事例の多くは、知識がなければ保険金を受け取れていなかった

先程挙げた事例の多くは、本来保険金を受け取れているはずなのに、 知識がなく受け取れていなかったものを申請をすることによって受け取れるようになったものです。

申請の際には、保険会社に好まれるような申請手続きが必要にもなります。

もちろん保険会社に無理矢理支払わせるようなモラルに関わるようなことは一切しておりません。 契約上できちんと請求できる権利があるものだけを申請した結果、保険金が支払われています。

不動産投資家の方に言えることは、「損をしないためにとにかく火災保険の正しい知識を身に着けてください」ということです。

プロフィール

園部 壮登

園部 壮登(そのべ まさと)

NS ASSET MANAGEMENT Group
株式会社NSインシュアランス 代表取締役

大学卒業後、某損害保険会社にアクチュアリー(※)として入社。
3年間商品の開発と分析に携わる。

サラリーマンの傍ら、副業として不動産投資を開始する。
その際に、客観的に見て良い代理店と火災保険の契約を結ぼうとするもなかなか見つからず代理店選びの難しさを実感する。

不動産投資を始める前の学生時代から株式投資やデリバティブ等の投資にも知見があり、プロのトレーダーとして大手投資会社で勤務した経験も持つ。

損保会社を退社し現在に至る。

不動産投資家の相談を受ける中で投資家でも火災保険の知識が無く、代理店に言われるがままに契約をし無駄な保険料を支払っていることが多いことや、保険の知識がなかったために利益を出せていない方が多いことを知る。

この状況をどうにかしたい、不動産投資家向けに火災保険知識のアナウンスをすれば、困っている人の助けになると思い、情報発信を行うことになる。

また個人としてではなく、代理店として保険を扱う必要性を感じ、業界で初めて「不動産投資家専用の火災保険代理店」を開設することになる。
代理店はNSアセットマネジメントの火災保険事業部。

※アクチュアリーとは、保険商品を設計する仕事のことです。 保険会社は保険商品を企画する際に、事故が起こる確率・保険金の支払いデータなどを用いて設計し保険料を決定します。 アクチュアリーは大手損保会社でも新卒で数名しか採用しないなど、専門性が求められる職種となっています。

運営会社

NSアセットマネジメントグループ

株式会社NSインシュアランス

株式会社NSインシュアランス

まだ若い会社ではありますが、今までの実績を武器にし、お客様の幸せを第一により多くのお客様に幸せになっていただけるよう尽力致します。

株式会社NSインシュアランス

運営会社

会社名:
株式会社NSインシュアランス
(NSアセットマネジメントグループ)
役員:
代表取締役 園部 壮登
運営住所:
〒106-0032 東京都港区六本木4丁目8-7 三河台ビル5階
電話番号:
03-6890-3522
事業内容:
  • ・生命保険代理店業
  • ・損害保険代理店業

代理店実績

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が開催する年間で優秀な成績を納めた代理店が参加できる「代理店アワード2018」に招待されました。
また、2018年度新規で取引を開始した代理店(2988店)の中で、最も売上高を上げ全国1位に認定されました。

株式会社NSインシュアランス代理店実績

2019年4月の時点で、契約者数は約200人、契約物件数は約500件となっています。
通常の代理店と異なり、ご契約者の物件に損害があり保険請求を希望される場合、請求書類の作成まで行っております。丁寧な説明をし、請求漏れなどがないか確認の上保険金請求を行います。
ご契約者が請求の仕方がわからなかったり、あるいは請求方法を間違ってしまうと損害認定されないこともあります。請求書類の作成を代理店で行いご契約者は確認と押印だけして保険会社に送るだけという契約者に負担のない方法を取っています。

セミナー概要

「火災保険活用・実践プログラム」は、不動産投資家向けの内容となっています。
不動産投資家であれば、誰もが契約している火災保険をどのように活用することができるのかを学ぶことができる内容となっています。

このセミナーでた知識を得れば、今後不動産投資をしていく上で、大きなメリットがあります。
ぜひご参加下さい。

セミナーのポイント

最低限知っておくべき火災保険の基礎知識

  • ・火災保険は火事だけを補償するものではない
  • ・火災保険が補償される範囲
  • ・火災保険が補償されない範囲

物件ごとにあった補償の選び方

  • ・物件の特性を見極めて補償を選ぶ方法
  • ・リスクを見極める方法
  • ・必要な特約を選ぶ方法

保険金申請をする際のコツと注意点

  • ・保険金申請の流れ
  • ・申請する際の必要な書類について
  • ・現場立会ではどこを見られるか

火災保険を不動産投資に活用する方法

  • ・建物の資産価値を高めるために活用する方法
  • ・キャッシュフロー改善のために活用する方法

代理店選びで気を付けるべきこと

  • ・代理店の良し悪しを見極めるポイント
  • ・チームとして代理店を活用する方法

このような方の参加をオススメ致します

本セミナーは、特に下記の方の参加をオススメしております。

  • ・所有している物件の火災保険を契約しており、適切な契約が出来ているかわからない
  • ・これから火災保険の契約をするつもりだが、知識を身に着けて物件に最適な契約を結びたい

火災保険を有効活用する方法を余すところなくお伝えいたしますので、
ぜひ知識を身に着けたい方はご参加下さい。

セミナー参加者には特典のプレゼントを差し上げます

「あなたは大丈夫!?火災保険のセルフチェック!」
~不動産投資家が火災保険でみるべき5つのポイント~説明動画

特典動画のポイント

  • ・動画を見れば今すぐにセルフチェックできる
  • ・動画を見て加入中の保険内容が最適かどうか判断できる
  • ・火災保険の保険証券の見方やポイントがわかる
  • ・不十分な内容だった場合、気づくことができる
  • ・補償の必要・不必要の判断基準がわかる
  • ・保険を見直した方が良いかどうかがわかる

セミナーの日程と会場

ご都合の良い日を選び下さい

会場
東京:六本木、大阪:心斎橋
参加費
参加費用:1000円(税込み)