「不動産投資におけるリスクを徹底的に軽減、回避する方法を知りたい」
「保険に入っているけど、適切なものかわからない」
「相続税対策もしておかないといけない」 そんな不動産投資家の方へ

損保会社で商品開発に携わったリスクヘッジのプロが解説
知識と掛け方で数千万円の差につながる生命保険の活用法

不動産投資家特有のリスクに備える生命保険活用実践セミナー

不動産投資は「生命保険代わり」にはならない?

●9割の投資家が気付いていない最大のリスクとは?
●現在加入中の保険のリスク状況を把握する方法とは?
●生命保険を活用し最大のリスクをカバーする方法とは?

不動産投資に生命保険を
有効活用すれば
数千万円の差に!

「生命保険が不要」を
信じると危険な理由

よく不動産投資は「生命保険代わりになるので生命保険は不要」と言われますが、本当にそうでしょうか?
実は、半分正解で半分不正解です。

なぜなら、不動産投資の状況によってリスクは変わり、必要な保険は変わるからです。

例えば、区分マンション1つの所有であれば、ローンの返済だけを考えれば良いでしょう。しかし、一棟物を複数保有されている場合は、「相続税」も考えておく必要があります。
つまり、「投資家それぞれの状況に合わせ、リスクをカバーできる最適な保険に加入する」が正解となります。

ですので、生命保険が不要かどうかは状況によって異なります。

9割の投資家が
見落とす最大のリスク
今経営が黒字でもピンチに

近年、台風や大雨や集中豪雨、地震など自然災害が急増していることもあり、所有物件のリスクをカバーするために火災保険の加入はもちろんのこと、地震保険の需要も高まっています。
このように、あらかじめ想定できる自然災害のリスクに対しては、損保系の保険を活用することで対策を取ることができます。

しかし気がついていない、見落としているリスクに対してはどうでしょうか?
実は、多くの投資家が見落とすリスクがあります。それは、不動産投資家自身の身に不幸が起こって、「不動産投資を続けられなくなるリスク」です。

もし不動産投資を続けられなくなると、次のようなことが起こりえます。

  1. ・死亡時に多額の相続税が必要になる
  2. ・引き継いだ人が賃貸経営の知識がないために赤字に転落

今経営が黒字だったとしても一転ピンチになります。この様な事態は誰にでも起こりうることです。

「不動産投資を続けられなくなるリスク」の対策として生命保険が活用できます。
実は資産家や地主などは、所有する資産を守るために「保険活用の知識」を身に着け、着実に実践している方法です。
サラリーマン大家には一般的に馴染みのないものですが、知識を身につけることによって実践することができます。

「リスクに備え資産を守る」ために是非知識を身につけてください。


団体信用生命保険に
入っていれば安心?

金融機関で融資を受けるときに加入する「団体信用生命保険(団信)」があります。
団信に入っていれば安心と考える投資家もいますが、これも半分正解で半分不正解です。

団信は団信のメリットデメリットが有り、投資家の状況によってリスクをカバーできるかどうか変わります。
詳しくはセミナーで解説しますが、

  1. ・保険金が支払われるときの条件が一般生命保険と違う
  2. ・相続する際には扱いが変わる

と団信は団信ならではの特性があります。
この事を考えておかないと、リスクが残ることが想定されます。

保険に「入る」だけでは
リスク対策になりません!

既に保険に入っているから
大丈夫?
残念ながらそうではありません

実は、保険をしっかりと見直すと、90%以上の確率で最適な状態になっていないのが現実です。
特に生命保険は商品の変化が激しく、加入した時は良い保険でも、何年か経つと時代の変化に追いついていない”古い保険”になっていることが珍しくないのです。
つまり、保険は「加入したらずっと安心」ではなく、「定期的にメンテナンス」をしなければリスク対策として不十分、ということです。

定期メンテも視野に入れると
生保・損保の一元管理が最適!

一口に「保険」と言っても様々な保険があります。
死亡保険、医療保険、がん保険、火災保険、地震保険、自動車保険・・・一般的に、こうした保険の窓口は一本化した方がお得だと認識されています。
特に不動産投資家は、火災保険に加入するので代理店との付き合いがとても密になります。そのため、信頼できる保険代理店に保険の全てを一括管理してもらえれば、以下のようなメリットや安心感を得ることが出来ます。

  1. ・生命保険や自動車保険についても気軽に相談できます。
  2. ・保険に関する悩み・不安は大きく軽減されます。
  3. ・商品を調べ、検討する時間を節約できます。
  4. ・生保・損保を含めて、全体をプロにメンテナンスしてもらえます。

基本的に、どこの代理店で加入しても保険料は変わりません。同じ保険料を払うなら、「信頼できる代理店」に全てお任せした方がお得だと思いませんか?

不動産投資家が「一般的な保険」
に入ってはいけない理由

不動産投資をやっていれば、

  1. ・数億円以上の借入がある
  2. ・毎月賃料収入を得ている
  3. ・資産管理法人を立ち上げ、税理士をつけて税金のことで頭を悩ませている

などは当たり前の話です。でも、一般的にこういう人はごく少数です。
また、経済状況や資産背景が違うので、人生設計も変わってきます。であれば、必要な保険も変わってくるのは当然ですよね?

ところが、保険営業マンから提案を受け、一般人と同じような保険に入っている・・・こんな不動産投資家が少なくありません。しかも、不動産投資の「実践経験」が無い営業マンや保険代理店から提案を受けていることが殆です。このように、多くの不動産投資家が、自身に最適な保険に加入できていないのが現実です。

不動産投資というは知識だけでなく、経験してみないと分からないことがたくさんあります。
つまり理想を言えば、

  1. ・不動産投資の実践経験があり、
  2. ・保険商品にも詳しい

不動産投資家は、そんな代理店から提案を受けて保険に加入するのが最適となります。

複雑化しすぎた保険商品
代理店選びがより重要な時代に

金融庁に登録されている保険会社は、生命保険・損害保険合わせて100社弱あります。
そして、各社から似たような保険商品が発売され、商品改定され・・・と、目まぐるしい速度で保険業界は変化しています。
また最近では、国税庁から指摘や、説明不足によるクレームなどのトラブルで売り止めになることも起こっています。
このため、

  1. ・数多くの保険商品を調べて理解する
  2. ・自身に合った最適な商品を選択する

ということはかなり難易度が高く、「保険は詳しいプロを見つけて相談してから入る」時代に入っています。
つまり、「保険を選ぶ」のではなく「代理店を選ぶ」ことがますます必要です。そのためにも、「保険の知識」に加えて「代理店を見極める知識」がとても重要です。

プログラム参加者インタビュー

山本伸一様(仮名)
説得力があり印象に残るセミナーで、的確なアドバイスをすぐ頂けました

質問:簡単な自己紹介と、弊社のプログラムに関心を持った経緯を教えてください

収益が上がらない状態で、「市場の歪みを取る」という文言に惹かれました。

山本伸一(仮名)と申しまして都内に勤めている会社員で31歳です。
元々、不動産投資には関心があったのですが、不動産投資をしている会社の先輩との話をきっかけに2016年に投資を始めました。
NSさんのサービスに関心を持ったのは、2017年の夏頃です。その頃、区分を買って1年ほど経っていましたが、収益が上がらない状態でした。そこで、収益の勉強をしていた時に、たまたま見た楽待のメールがNSさんを知ったきっかけです。
普段、楽待のメールは読み飛ばしていたのですが、その時は「市場の歪みをとるスキーム」という文言で目が留まりました。「頭金ゼロから始める」とか「永遠に資産を増やし続ける」といったものが多い中で、NSさんの文言は新鮮に感じました。「少し違ったアプローチをされている会社なのかな?」と興味を持ち、セミナーに参加しました。

質問:弊社のセミナーの第一印象をお聞かせください。

私は「売ってオシマイ」な業者ではなく、買った後も管理や買い替え、売却まで見据えてアドバイスをしているかを非常に重視していました。でも、他社のセミナーはどこも「うちならこんなにいい物件が買えます」といった感じでした。
一方で、NSさんは、スキームやサポート体制が「明らかに一味違うな」と思いました。また、自分で不動産を買ったことない人のアドバイスは、あまり心に響かなかったですね。
月間5棟、10棟の物件を実際に扱っている人の話であればまだしも、上司から言われた物件を売っているだけの「社員感覚」の人のアドバイスは響かなかったです。
その点、NSさんの社員は若いだけでなく、全員投資家だというのも他社と違っていたので、「勢いがあって面白そうな会社だな」と感じました。
加えて、NSさんは非常にユニークで、独自のスキルを発信している会社だと思いました。例えば「賃貸併用も実は供給が少なく、需要があるので高く売れます」といった話をなさっていましたが、そうした話は他社のセミナーの中では一度も無かったと思います。スキーム自体の説得力も高く、「実力のある方々だな」という印象を持ちました。
正直、他社で印象に残っているところは殆どないですが、NSさんのセミナーは印象的でした。

質問:弊社のサポートプログラムを申し込もうと思った理由は何でしたか?

本当に1棟が建つか不安でしたが、サポートに対する情熱を感じて申し込みました。

2点あります。
1つ目は、セミナーでの説得力が高く、情熱もすごく感じたことです。
2つ目は、社員全員が投資家なので、管理、買い替え、売却など購入後のトータルでのアドバイスをして頂けるかな?と感じたことです。
それで、申し込もうと思いました。
もちろん、「本当に1棟が建つのかな?」という不安はありましたが、他に不安に感じた部分はなかったですね。
当時は、藤山社長と薩摩副社長にサポートに入って頂くお話で案件が進んでいましたが、その時からお二人のことを信頼していましたし、セミナー後の個別の面談でも親身に僕の話を聞いてくれて、サポートをすることに対する情熱などを感じていました。商売ではなく、良いものを広めていきたい、本気でこのスキームを広めていきたいというパッションが伝わってきたのは僕の中で大きかったですね。

質問:弊社に依頼してから気づいた点や、成果などを教えてください。

良かったと思ったのは3つあります。
1つ目はレスポンスが早いので、案件をどんどんチェックできたことです。
2つ目は、教えて頂くスキームの再現性がすごく高いことです。動画を見たその日から、案件を探し始めることができました。本などですと、微妙に自分の中で理解し切れていない部分があり、「どうやって探したらよいのだろう?」というのがありましたが、そういうのがなかったですね。
3つ目が法律関係に強いことです。法律や建築基準法に加えて、条例における様々な規制についても非常に詳しいので、土地から探してアパートを建てる際にも、専門的で的確なアドバイスをすぐ頂けました。おかげで、無駄な時間をかけず土地探しに集中できたと思います。
4ヶ月ほど土地を探して、2018年の2月に実際に建て始めることができました。この物件は2019年4月に完成しましたが、23区内で利回り8.4%と、なかなかいい条件で建てられたと思います。

プロフィール

園部 壮登

園部 壮登(そのべ まさと)

NS ASSET MANAGEMENT Group
株式会社NSインシュアランス 代表取締役

大学卒業後、某損害保険会社にアクチュアリー(※)として入社。
3年間商品の開発と分析に携わる。

サラリーマンの傍ら、副業として不動産投資を開始する。
その際に、客観的に見て良い代理店と火災保険の契約を結ぼうとするもなかなか見つからず代理店選びの難しさを実感する。

不動産投資を始める前の学生時代から株式投資やデリバティブ等の投資にも知見があり、プロのトレーダーとして大手投資会社で勤務した経験も持つ。

損保会社を退社し現在に至る。

不動産投資家の相談を受ける中で投資家でも火災保険の知識が無く、代理店に言われるがままに契約をし無駄な保険料を支払っていることが多いことや、保険の知識がなかったために利益を出せていない方が多いことを知る。

この状況をどうにかしたい、不動産投資家向けに火災保険知識のアナウンスをすれば、困っている人の助けになると思い、情報発信を行うことになる。

また個人としてではなく、代理店として保険を扱う必要性を感じ、業界で初めて「不動産投資家専用の火災保険代理店」を開設することになる。
代理店はNSアセットマネジメントの火災保険事業部。

※アクチュアリーとは、保険商品を設計する仕事のことです。 保険会社は保険商品を企画する際に、事故が起こる確率・保険金の支払いデータなどを用いて設計し保険料を決定します。 アクチュアリーは大手損保会社でも新卒で数名しか採用しないなど、専門性が求められる職種となっています。

運営会社

NSアセットマネジメントグループ

株式会社NSインシュアランス

株式会社NSインシュアランス

まだ若い会社ではありますが、今までの実績を武器にし、お客様の幸せを第一により多くのお客様に幸せになっていただけるよう尽力致します。

株式会社NSインシュアランス

運営会社

会社名:
株式会社NSインシュアランス
(NSアセットマネジメントグループ)
役員:
代表取締役 園部 壮登
運営住所:
〒106-0032 東京都港区六本木4丁目8-7 三河台ビル5階
電話番号:
03-6890-3522
事業内容:
  • ・生命保険代理店業
  • ・損害保険代理店業

代理店実績

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社が開催する年間で優秀な成績を納めた代理店が参加できる「代理店アワード2018」に招待されました。
また、2018年度新規で取引を開始した代理店(2988店)の中で、最も売上高を上げ全国1位に認定されました。

株式会社NSインシュアランス代理店実績

2019年9月の時点で、生損保合わせて契約者数は約350人、契約数は約700件となっています。
契約者の方は全員不動産投資家で、火災保険はもちろんのこと、団信代わりの生命保険や相続税対策のための生命保険など様々な保険をお引き受けしております。
ただ単に保険に詳しいわけではなく、「不動産投資と保険」をいかにうまく組み合わせるかを重視してご提案させていただきます。

セミナー概要

セミナーのポイント

不動産投資における最大のリスクを生命保険でカバーする方法

  • ・意外と多くの方が見落としがちなリスクがある
  • ・セミナーやセミナー後の個別相談でそのリスクが初めて発覚した方も多い
  • ・普段の不動産投資の勉強とは違った目線を持つことによってワンランク上の投資家を目指す

不動産投資家としての保険の考え方

  • ・現在加入している保険は不動産投資家として最適か?最適化出来ていない場合の対応策とは?
  • ・不動産投資家として成長するに連れて保険もメンテナンスが必要。メンテナンスの仕方とは?
  • ・保険は“入る”ものではなくて、”運用する”もの。どのように運用すればよいか?

自分に万が一のことがあった時に、最良の方法で不動産投資を引き継ぐ方法

  • ・家族が自分と同じように賃貸経営ができるようにする方法
  • ・残された家族に残債の返済というプレッシャーを感じさせない方法

相続税のことは必ず考えておかなければいけません

  • ・相続税対策は規模が拡大してからでは手遅れ?失敗したケースとは。
  • ・明日死亡しても相続対策は大丈夫!と言い切れますか?
  • ・「将来考えれば良い」ではなく「今すぐに考える必要」がある
  • ・相続はポイントを抑えれば非常に簡単に対策ができます。そのポイントとは?

保険を活用した資産運用も選択肢の一つ

  • ・万が一のリスクに備える保険だけではなく、積極的に資産を増やす保険の考え方
  • ・投資家が好む保険商品とは?
  • ・一般人よりもリスクを取った保険活用術を習得できる
  • ・家賃収入以外の安定収入の構築とそのメリット

このような方はぜひご参加ください

  • 1.不動産投資における正しいリスクヘッジの知識を備えたい方
  • 2.保険は加入しているが、自信を持って完璧だと言えない方
  • 3.不動産投資で家族を幸せにしたいと思っている方
  • 4.保険を活用した資産運用に興味がある方
  • 5.相続税のことまで考えたことがない方・これから考えたい方
  • 6.一生涯保険については困らない状態を作り上げたい方

※同業他社・競合他社の方はお断りさせていただいております。

不動産事業は正しい知識を持って購入すれば必ず豊かな生活を手に入れる事が出来るビジネスです。
その反面、万が一のリスクに備えておかないと自分自身だけでなく周りの人を不幸にしてしまう可能性も潜んでいます。

不動産投資家として
生涯サポートを受けられる代理店と
組んでみませんか?

弊社の代理店では「相続税対策のコンサルティング」「保険を活用した資産運用アドバイス」「既存保険の見直しサービス」「不動産投資へ保険を活用する方法」など様々なサポートをご提供させていただきます。
しかも、これらのサポート受けることに関して、保険料のお支払い以外は一切なく“完全無料”です。
保険は身近な存在でありながら、意外と後回しにされてしまうことが多いです。
これは物件を購入する際の火災保険・地震保険でも同じことが言え、決済直前に銀行や不動産業者さんから提案された保険に慌てて加入するケースもよくあります。
生命保険については、インターネット、来店型保険ショップ、知り合いの紹介、営業マンなど、様々な経路から保険に加入することができるようになっています。
しかし、重要なのは自分の人生設計をしっかり理解してくれて、本当に自分にとって最適な保険を提案してくれているかどうかです。
特に、不動産投資家の場合は不動産投資のウェイトが大きいため、不動産投資を理解している人から保険の提案を受けているかどうかがポイントです。
もし、あなたの不動産投資を根本からしっかりと理解していて、その上で必要な保険、不必要な保険を提案し、その後の保険の見直しや運用についてもサポートしてくれる代理店があったら、必ずあなたの人生にとって非常に役立つ代理店であると言えます。
弊社は、「現役の不動産投資家が、不動産投資家のための、不動産投資家専門の代理店」を運営しております。
不動産投資家の保険について、誰よりも理解していると自負しておりますので、ぜひセミナーにご来場いただき内容を理解した上で、弊社のサポートを受けていただきたいと思っております。

セミナーの日程と会場

ご都合の良い日をお選び下さい

会場

東京:六本木
大阪:梅田
参加費
参加費用:1000円(税込み)

LINEお友達登録で、セミナーが初回無料!!
詳しくは、お申し込み後にご案内します。

SCROLL