「必要なリスクに備えた火災保険を契約しておきたい」
「火災保険で損をせず、有効活用できる方法を知りたい」と考えている不動産投資家の方へ

知識の有無だけで
〇〇〇円の差が出る火災保険保険を活用して
不動産の資産価値を高める秘訣!

火災保険を不動産投資で有効活用する9つの秘訣と活用事例を学ぶ無料メール講座

元損害保険会社の商品開発・分析者で
現不動産投資家が教える
「不動産投資のリスクに備え、
有効活用できる火災保険の見極め方」

無料メール講座に今すぐ登録する

9割の不動産投資家が見過ごしている!
保険の有効活用法を知っているだけで
数十万、数百万円の差が出る

ただ入っているだけではなく、有効活用するのが賢明な投資家です

不動産投資で火災保険は必須といえます。
万が一のリスクのために契約しますし、融資を受ける銀行から加入を促されるからです。

しかし、火災保険の補償内容をどの程度把握しているかと言われると、
意外に知らないことが多いのではないでしょうか。

「今契約してる火災保険になぜ入りましたか?」
この質問に自信を持って説明できない方は、
数百万円以上の機会損失をしている可能性があります。

実は火災保険は「加入していれば安心」と思い、
言われるがまま契約してしまい、補償内容のことまで深く考えずに加入している方が多いのです。

何故なら、商品数は少ないですが内容が複雑だからです。

万が一の事故のときに、加入している保険の内容を知っており、保険で対応をするかどうかで数十万円、数百万円の差が出ることも珍しくありません。

例えば次の例を考えてみましょう。

台風などの恐怖災害で、建物に損害が発生してしまった場合

事例1:Aさんの場合

結果:150万円の自己負担をして修理を行う

事例2:Bさんの場合

結果:保険金請求をして自己負担無しで修理が出来た

事故があったときに、「保険が使えるかも」という知識があることでスピーディーに対応できることがあります。
修理をすばやく行うことで、物件の被害を最小限に抑えることができます。
逆に壊れたままにしておく期間が長ければ損害が広がるなど、その他のリスクも増えてきます。

このように、スピードを持って対応することでリスクが減らすことができます。
そして、契約している保険を有効活用してこそ賢明な投資家とも言えます。

とは言っても
「そんなに複雑な商品だったら、覚えるのは難しい」
「そもそも契約をどのようにしたら良いのかわからない」
と思われる方も多いと思います。

このメール講座ではそんな方のために

をお知らせします。

不動産投資家ならではの複数契約
物件それぞれにあった契約が必要

「火災保険は医療保険のように色々な種類があるものではないから選び方もそんなに差がないのでは?」と思いがちです。

実際、住宅にかける保険というのはそこまで違いがないことがほとんどです。
ただし、不動産投資家は複数の物件を持っている方が多いと思います。

そのような場合物件一つ一つに最適な保険をかけることが重要です。

複数の火災保険に加入するというのは不動産投資家ならではの特性です。
そして、その時には気をつけなければいけない点が多数あります。
そこをしっかりと把握できていない代理店で加入している場合、無駄な保険料を支払っている可能性が高いです。

昨今の異常気象や自然災害の増加で火災保険の重要性は増しています。
しかし、火災保険の補償内容に精通している代理店は意外に少ないです。

なぜなら、専業で火災保険の代理店を行っているところが少ないからです。
例えば銀行の融資を組むときに火災保険の契約を併せて行う場合、銀行が代理店になりますが、銀行の本業は融資をすることであり火災保険の契約を結ぶことではありません。

また、不動産会社が兼業で火災保険を扱うこともありますが、やはり本業ではないため火災保険については知らないことが多いのです。

近年では医療保険などではプロ代理店と呼ばれる、専門代理店が増えていますが、火災保険についてはまだまだ少ないのが現状です。

意外に小さいトラブルが結構起こり、お金もかかる

保険については「何かあったときのためのもの」とよく言われます。

そんな特性から
「火災保険なんて使う機会がないし、万が一の時だけ保険金が支払われればそれで良い」 そう思っている投資家も多くいます。
しかし、そう考えると保険をうまく活用できていない可能性が高くなります。

もちろん、いざという時には億を超える保険金が支払われることもあります。
しかし、実際に起きることが多いトラブルは十万円?数百万円くらいの規模の損害です。

十万円程度なら自己負担でも支払えるしと、何も考えずに修理を行ってしまうこともあります。
でももしかしたら、保険が適用できたかもしれないのに実費で修繕していた可能性があります。
物件を複数持ち、そのようなことが何度も重なると、かなりの金額になります。
不動産投資において「知識」の有無は利益に直結します。

これだけ大事な保険なのに、意外におろそかにしている投資家が多いのが実情です。

契約内容の見直しをしたほうが良い場合があります

火災保険の保険期間は長期に渡ることが多いものです。
ローンを組むときに入ることもあり、以前では最長36年という長期契約もありました。

現在は最長10年にはなりましたが、それでも長期にわたる契約になることもあります。
入っているから安心と思っていても、長い契約の間に商品改定が行われ、
より良い商品が出ることもあります。

特に損保会社は契約を促進するため、社会現象になっている問題などを解決するために、
商品を企画することがあります。

例えば孤独死の問題などは社会問題となっていますが、
オーナーの立場として、自分の物件で入居者が孤独死をした場合の損害は大きなものになります。
近年ではそのようなことが起きたときに部屋のクリーニング費用を火災保険で対応できるものもあります。

このように昔では対応できなかった問題を、
新しい火災保険では対応できるようになっている可能性もあります。

契約内容を見直し、自分が所有している物件に応じてやはり最適な保険をかけることが重要です。

火災保険を不動産投資に活用する
基本知識が身につく無料メール講座

本当に役に立つのか?まずは、無料メール講座を

火災保険はこれまで様々な補償の商品が出されてきました。
そのため、補償内容はどのような契約をしているかによって変わってきます。

このメール講座では火災保険に共通する基本的な知識をお知らせいたします。
また、火災保険を不動産投資に活用するポイントも解説していきます。

この知識を元に現在契約している火災保険を見直し、ご自身の契約で損をしてしまっていることがないか、

所有している物件で補償をつける必要なものがないかを見分けることができるようになります。

メール講座は登録無料ですので、本当に役立つのか講座の内容からご確認下さい。
あなたの不動産投資の一助になれば嬉しく思います。

今だけ登録特典として
解説動画をプレゼント

登録特典として、「あなたは大丈夫!?火災保険のセルフチェック!」の解説動画をプレゼントします。動画をご覧いただくことによって

  • ・動画を見れば自身の契約をすぐにセルフチェックできる
  • ・加入中の保険内容が最適かどうか判断できる
  • ・火災保険の保険証券の見方やポイントがわかる
  • ・補償の必要・不必要の判断基準がわかる
  • ・保険を見直した方が良いかどうかがわかる

ようになります。無料メール講座の中で動画プレゼントの案内がありますのでお見逃しなく!

プロフィール

園部 壮登(そのべ まさと)

NS ASSET MANAGEMENT Group
株式会社NSリアルエステート 保険代理店事業部 統括部長

大学卒業後、某損害保険会社にアクチュアリー(※)として入社。
3年間商品の開発と分析に携わる。

サラリーマンの傍ら、副業として不動産投資を開始する。
その際に、客観的に見て良い代理店と火災保険の契約を結ぼうとするもなかなか見つからず代理店選びの難しさを実感する。

不動産投資を始める前の学生時代から株式投資やデリバティブ等の投資にも知見があり、プロのトレーダーとして大手投資会社で勤務した経験も持つ。

損保会社を退社し現在に至る。

不動産投資家の相談を受ける中で投資家でも火災保険の知識が無く、代理店に言われるがままに契約をし無駄な保険料を支払っていることが多いことや、保険の知識がなかったために利益を出せていない方が多いことを知る。

この状況をどうにかしたい、不動産投資家向けに火災保険知識のアナウンスをすれば、困っている人の助けになると思い、情報発信を行うことになる。

また個人としてではなく、代理店として保険を扱う必要性を感じ、業界で初めて「不動産投資家専用の火災保険代理店」を開設することになる。
代理店はNSアセットマネジメントの火災保険事業部。

※アクチュアリーとは、保険商品を設計する仕事のことです。 保険会社は保険商品を企画する際に、事故が起こる確率・保険金の支払いデータなどを用いて設計し保険料を決定します。 アクチュアリーは大手損保会社でも新卒で数名しか採用しないなど、専門性が求められる職種となっています。

メール講座ナビゲーター

藤山 大二郎
(ふじやま だいじろう)

株式会社NSアセットマネジメント代表

大学卒業後、大手人材系企業に新卒で就職。不動産金融業界の顧客担当となり、不動産バブルが弾ける前の最盛期だった不動産ファンド大手企業を中心に数多くサポート。不動産証券化について勉強し、初めて不動産投資に興味を持つ。

入社1年目から全社トップの営業成績を残し、24歳にしてインドネシアの海外現地法人にて勤務。その後、大手IT企業二社にてECコンサルティング業務、webマーケティング、新規ビジネス事業開発などに従事し30歳で会社を退職し独立。

28歳より副業にしながら不動産投資の勉強を開始。そこから僅か1年半で、地方一棟マンション/アパートを中心に8棟100世帯を購入し会社を退職。年間家賃収入は現在5000万を超え、売却益やその他投資活動を含む年間利益は2億を超える。

自身も一投資家として活動しつつ、「誤った不動産投資をさせない」をモットーに、株式会社NSアセットマネジメントを設立。
不動産投資に限らず、株式投資、海外資産運用、事業投資、暗号通貨などにも深い知見を持つ。

不動産投資では「知識の有無」が数百万の差を生み出すことがあることから、「常にアンテナを張ること」を意識し、火災保険などについても最新情報を取り入れアナウンスを行う。

運営会社

NSアセットマネジメントグループ

株式会社NSリアルエステート

株式会社NSリアルエステート

まだ若い会社ではありますが、今までの実績を武器にし、お客様の幸せを第一により多くのお客様に幸せになっていただけるよう尽力致します。

株式会社NSリアルエステート

運営会社

会社名:
株式会社NSリアルエステート
(NSアセットマネジメントグループ)
役員:
代表取締役 薩摩 賢幸
運営住所:
〒106-0032 東京都港区六本木4丁目8?7 六本木嶋田ビル3階
事業内容:
不動産投資に関するWEBメディア運営、投資家サポート事業
  • ・訳あり不動産で困る売主と全国の投資家を繋ぐ空き家解決メディア 「ソクガイ.jp」運営
  • ・挑戦したい方の自由な未来をツクル。不動産投資を学ぶWEB学習プラットフォーム。 「RE:camp」運営
  • ・不動産投資を学ぶコンテンツメディア「不動産投資の学校.com」を運営

株式会社リアルエステートが他とは違う理由

私たちは丸投げする代理店とは違います

元損害保険会社アクチュアリーの不動産投資家が教える 知識の有無だけで数十万円の差が出る不動産投資が知っておくべき火災保険の知識。「火災保険を不動産投資に活用する9つの秘訣」無料メール講座
性:必須
名:必須
メールアドレス:必須
※メールが届かないことが多いため、携帯メール(icould.com、docomo.ne.jp、ezweb.ne.jp、softbank.ne.jp)での登録は避けていただきますようお願い致します。